液晶割れのあるiphone買取はできます!壊れていても売れる理由とは?

日常のあらゆる場面で使うスマートフォンをうっかり落としてしまうこと、ありますよね。 古いiPhoneを売りたいけれど、液晶が割れてしまっていて買取可能なのかわからない人も多いでしょう。

今回は、液晶割れのあるiPhoneは買取できるのか説明いたします。

□液晶画面が割れていてiPhoneの買取はできる?

液晶画面が割れているiPhoneも、場合によっては買取ができます。
画面が割れてしまっていると、買取が不可能なのではないかと思っている方は多くいらっしゃいます。

しかし、スマホが全壊していなければ、液晶画面が割れてしまっていても買取は可能です。
画面が割れてしまったら、使い道がないのではないかと思われがちですが、そうではありません。
修理して再販売したり、スマートフォンのパーツを求めている場合もあるため、液晶画面が割れていても買い取る意味があるのです。

中には、壊れたスマホの買取を専門としている業者もあり、その需要の高さは一目瞭然でしょう。

□壊れたスマートフォンでも買い取り対象になる理由とは?

*修理して販売することができる

破損が部分的な物であれば、修理をして再び販売することができるため、買い取り対象になります。
液晶画面の割れなどが良い例としてあげられるでしょう。
故障品を安値で仕入れ、修理して販売しなおすことで、場合によっては仕入れ値や修理値より利益が大きくなります。
そのため、事業として取り組む価値があるのです。

*パーツを再利用できる

修理して再販売することが難しいこともありますが、壊れているスマートフォンを分解し、利用できるパーツを交換や修理用として備蓄することがあります。
スマートフォンの機種によっては、修理用のパーツが市場であまり流通していないものもあり、そのようなパーツの価値は高い傾向にあります。
そのため、壊れていてもパーツが利用できるようであれば、買い取り対象になるのです。

また、スマートフォンの原材料であるレアメタルを含む金属資源は、日本国内では取れず、希少価値も高くなっています。
限られた資源を有効活用するという点においても、スマートフォンのパーツを再利用することの意味は大きいでしょう。

□まとめ

今回は、液晶に割れのあるiPhoneは買取できるのか、何故壊れていても売ることができるのか、ご説明しました。
画面の割れを理由に売ることを諦めず、一度買取可能なのか業者に確認することをおすすめします。
カウモバイルでは、iPhoneやスマホの早くて高い買取を行っておりますので、是非ご相談ください。

2022-09-22 傷のあるmacbookを買取に出したい方に状態ランクを解説します! iphoneの買取はどこがいい?業者の選び方を説明します!
新着情報ここまで

上に戻る

上に戻る