カウモバイル公式LINE→友だち追加
※現在電話が多く対応出来ませんので、落ち着くまでラインでお問合せください。
梅田店営業時間:前半11:30-14:00 後半15:00-19:30

iphoneの買取でバッテリーの劣化は影響あるのかについて解説します!

iPhoneを新しく買い換える時、今まで使っていたものを買取してもらう方が多くいらっしゃいます。 長い間使っていて、バッテリーが劣化しているということがよくあります。

iPhone買取でバッテリーの劣化は買取価格に影響するのでしょうか。
この記事では、バッテリーの寿命や長持ちさせる方法を紹介します。

□バッテリーはどれくらいもつの?

長い間iPhoneを使っていると、充電の減りが早くなったと感じる方も多いのではないでしょうか。
フル状態に充電していても1日も持たないということもよくあります。
それは、バッテリーの劣化が原因です。

最近では、バッテリーの性能は向上しており、使用年数も長くなっていますが、消耗品であり、寿命があります。
一般的には、3〜4年が寿命と言われており、この時期になると劣化が目立ってきます。
劣化してしまうと急にシャットダウンしたり、動作速度が遅くなったりと、不具合が頻繁に起こるようになります。

□劣化している場合の査定はどうなる?長持ちさせる方法を紹介します!

iPhoneを買取してもらう時に、バッテリーが劣化していると査定価格はどうなるのでしょうか。
バッテリーが劣化していても、基本的に買取自体はしてもらえます。
査定基準は買取業者によって異なってきますが、バッテリー劣化は減額の対象になることが多いです。
2〜4割程度減額されてしまうことがあり、著しく劣化している場合は買取できないこともあります。

買取してもらうなら高い価格で、新しいものを買うときの足しにしたいですよね。
では、高く買い取ってもらうには、どうすれば良いのでしょうか。
それは、バッテリーを出来るだけ劣化させないことです。
長持ちさせるための方法を紹介します。

フル充電の状態にせず、定期的に必要な分だけ充電することが大切です。
理由は、フル充電の状態では熱を発生するため、熱に弱いiPhoneのリチウム電池は大きなダメージを受けてしまうからです。
フル充電の方が安心できるという方も多くいらっしゃいますが、劣化させないためには20〜80パーセントの状態で使うのが良いとされています。

□まとめ

今回は、バッテリーの寿命や長持ちさせる方法を紹介しました。
高値で買取してほしい場合は、2年程度で機種変更した方が良いでしょう。
買い取ってもらうなら、良い状態で保って、高値で買い取ってもらいましょう。
買取に関して、詳しい価格が知りたいという方は下記のページで確認してください。

2022-01-05 故障したmacbookを買取に出すメリットはたくさん!高価買取のコツを解説! ニンテンドースイッチの買取は箱なしでも可能?解説します!
新着情報ここまで

上に戻る

上に戻る