カウモバイル公式LINE→友だち追加
※現在電話が多く対応出来ませんので、落ち着くまでラインでお問合せください。
梅田店営業時間:前半11:30-14:00 後半15:00-19:30

iphone買取で必要な初期化の手順について解説します!

iPhoneを機種変更する際に、今まで使っていた端末を買取してもらう方が多くいらっしゃいます。 買取してもらう前に、事前にしておくことべきことは初期化です。

これを怠ると、個人情報流出などのトラブルに発展するため注意しましょう。
この記事では、初期化の手順やバックアップの重要性を紹介します。

□iPhone初期化の方法を紹介します!

はじめに、iPhoneを初期化する手順を紹介します。

iPhoneのホーム画面にある「設定」のアプリを開き、「一般」を選択します。
「一般」から「リセット」の項目を選択します。
「リセット」から「すべてのコンテンツと設定を消去」を選択します。
「iPhoneを消去」の表示を2度選択します。

リセット完了後に「こんにちは」の表示が出てくれば、本体のリセットは完了しています。

□端末を変える前にバックアップを取っておきましょう!

バックアップとは、端末を変える際に、元のデータを移行するために、データなどを保存して複製しておくことです。

iPhoneには今まで使っていた写真や連絡先などのデータがたくさんあります。
バックアップを取らずに、故障したり、初期化してしまったりすると、データがすべて消えてなくなってしまいます。
大切なデータを保存するために、バックアップが重要です。
バックアップを行うには「iCloud」「Finder」「iTunes」を使う方法があります。

iCloudはAppleのクラウドストレージですぐに同期ができます。
iPhoneを購入した時から、5GBの容量がついており、設定すれば常に自動でバックアップされるようになります。
5GBでは写真や動画、アプリなどですぐに容量が埋まってしまいますが、容量を増やすプランがあります。
パソコンがなく、iPhone単体でバックアップをとりたいという方は容量を増やして、iCloudを活用しましょう。

「Finder」「iTune」はパソコンを使ったバックアップ方法です。
先述したiCloudを使った方法では、保存されるのは一部だけで、完全にはデータを復元できません。
しかし、「Finder」「iTune」を使った方法は、iPhone全体が保存されるため、データの完全復元が可能です。
簡単で容量も気にする必要がないため、パソコンを持っている方におすすめします。

□まとめ

今回は、初期化の手順やバックアップの重要性を紹介しました。
個人情報を守ったり、大切なデータを残したりするために、初期化とバックアップは非常に大切です。
買取の詳細が知りたいという方は以下のページをご確認ください。

2021-12-28 Apple Watchの買取前にやることについて解説します! スマホ買取でSIMカードを抜く際の注意点について解説します!
新着情報ここまで

上に戻る

上に戻る