大阪梅田本店TEL:06-6360-9720
電話受付:前半11:30-14:00 後半15:00-19:30

保護フィルムはどうしたら良い?iphoneの買取をお考えの方へ!

購入したiPhoneに保護フィルムを貼られている方は多いのではないでしょうか。 しかし、買取に出す際には保護フィルムをどうしたら良いか悩みますよね。

そこで、本記事では買取に出す際に保護フィルムをどうするべきかについてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

□買取前は保護フィルムを貼っておくと良い?

多くの方が、購入したその日にiPhoneに保護フィルムを貼るでしょう。
しかし、買取時には剥がすか剥がさないか、悩みますよね。
結論として、iPhoneの場合には保護フィルムは剥がしてから買取に出しましょう。

本来、保護フィルムは傷や画面割れを防ぐためのものです。
買取の際にも、本体に傷があるかどうかが重視されるため、買取に出すまでの間は、保護フィルムを貼ることをおすすめします。

一方で、もしiPadのように最初から保護フィルムが貼られている場合は例外です。
元々貼られている保護フィルムを剥がしてしまうと、減額対象となってしまうので気を付けましょう。

□iPhoneを買取に出す前に準備することとは?

まず、付属品をできるだけ揃えることです。
購入時についてくる付属品は、セットで買取に出すと高価格で買い取ってもらえることが多いです。
よって、外箱や取扱説明書、USB充電ケーブル、イヤホンなどは揃えておくと良いでしょう。

次に、iPhoneの初期化を行うことです。
iPhoneの初期化には、個人情報が多く含まれているのでデータを保護する目的があります。
また、初期化の前にはiTunesあるいはiCloudに、スマホのバックアップデータを保存し、復元できるようにしましょう。

以下は、iPhoneを初期化する手順です。
はじめに「設定」アプリを起動し、「一般」から「リセット」「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップします。
パスコードの入力を求めるメッセージが表示されたら、パスコードを入力します。

「iPhoneを消去」を2回タップすると、Appleロゴが表示され、初期化がスタートします。
初期化が完了すると「こんにちは」と表示され、すべてのデータの削除が完了します。

最後に、iPhoneを綺麗にすることです。
市販の液晶保護フィルムやシールを貼っている際は、すべて剥がしましょう。
加えて、iPhone本体の表面やカメラレンズ、ボタンやプラグ部分が汚れている場合も、綺麗に拭き取っておきましょう。

□まとめ

今回の記事では、iPhone買取時の保護フィルムの注意点についてご紹介しました。
保護フィルムは傷防止の役割として大変有効なので、買取を前提にiPhoneを利用する方も使用しましょう。

以下のURLでは、iPhoneの買取価格をご提示しております。
買取をご希望の方はぜひ一度当社にご相談ください。

2021-04-14 どのくらい減額される?箱なしのゲーム機の買取をお考えの方へ! ジャンク品のスマホは買取に出せる?買取可能なのか解説します!
新着情報ここまで

上に戻る

上に戻る