大阪梅田本店TEL:06-6360-9720
電話受付:前半11:30-14:00 後半15:00-19:30

傷ありiPhoneの買取をお考えの方は注目!買取査定する前のチェック項目をご紹介!

傷ありのiPhoneを買取に出そうとお考えの方はいらっしゃいませんか。 傷があると買取価格がかなり低くなる印象をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。

しかし、ポイントを押さえることで、できる限り高い値段で売却できます。
この記事では、iPhoneを査定に出す前のチェック項目と高価買取を実現するためのポイントをご紹介します。

□iPhoneを査定に出す前にチェックすると良い項目とは

iPhoneを査定に出す前には、どのような項目をチェックすれば良いのでしょうか。
ここでは、重要なチェック項目を2つご紹介します。

まず1つ目は、割賦(かっぷ)状況です。
iPhoneを分割払いやボーナス一括払いといった割賦支払で購入した場合は、割賦状況の確認が必須です。

これは、契約後に支払いが滞ると、電気通信事業者によって通信が制限されてしまうためです。
仮に割賦支払が完了していない状態であっても、買い取ってもらえるでしょう。
しかし、通信制限がかけられたiPhoneは買取に出しても受け取ってもらえないため、注意が必要です。

割賦状況については、端末のIMEIナンバーが分かれば、各通信事業者のWEBページから確認できます。

2つ目は、iPhoneの初期化です。
査定に出す前には、iPhoneを初期化しておきましょう。
初期化しておかないと、個人情報が見知らぬ人の手に渡ってしまうからです。
この際、忘れずバックアップを取ることが大切です。

□高価買取を実現するためのポイントとは

傷のついたiPhoneをできる限り高く売るには、どうすれば良いのでしょうか。
ここでは、高価買取を実現するためのポイントを3つご紹介します。

1つ目は、なるべく早く売却することです。
iPhoneは短いスパンで新機種が発売されます。
そのため、最新型が1つ出てしまえば、それより前の機種は型落ちとして低価格で査定されます。
高価買取を目指すなら、なるべく早く買取に出してしまいましょう。

2つ目は、保護フィルムを貼ったままで買取に出すことです。
保護フィルムを貼ったままにしておくことで、新しく傷がつくことを防げます。

3つ目は、端末をリセットしておくことです。
端末内のアプリや写真データを消去し、暗証番号を初期化しておきましょう。
端末内に情報が残っていると減額の対象になってしまうため、買取に出す前にあらかじめデータをリセットしておくことが大切です。

□まとめ

今回の記事では、iPhoneを査定に出す前のチェック項目と高価買取を実現するためのポイントをご紹介しました。
これらの項目とポイントを意識すれば、できる限り高い値段での買取が実現できるでしょう。
ご不明点がございましたら、お気軽にカウモバイルまでお問い合わせください。

2021-04-05 電源がつかない場合でも売れる?iPhoneの買取をお考えの方へ! iPad買取前にすることを買取専門店がご紹介します!
新着情報ここまで

上に戻る

上に戻る