大阪梅田本店TEL:06-6360-9720
電話受付:前半11:30-14:00 後半15:00-19:30

電源がつかないiPhoneは買取が可能なのかについてご説明します

みなさんのお手元に、電源がつかなくなってそのままのiPhoneはありませんか。 「高い値段を出して買ったのに、もったいないな」とお考えの方も多いでしょう。 実は、電源がつかないiPhoneや他の様々な症状を持つiPhoneも買取可能な場合もあります。

今回の記事では、どのようなiPhoneが買取可能なのかを詳しく解説します。

□電源がつかないiPhoneは買取可能なの?

結論から申し上げますと、電源のつかないiPhoneでも買取は可能です。
しかし、一概に、買い取りが可能とは言えません。
なぜなら、業者によっては、電源がつかないiPhoneの買取を行っていない場合もあるからです。
よって、事前に画面割れのiPhoneの買取が可能なのか確認しておくと良いでしょう。

カウモバイルでは、電源がつかないiPhoneの買取を行っています。
その他、中古・ジャンク・画面割れ・水没・支払中(モデルにより不可の場合あり)・赤ロム・IDロック などに対応しています。

□iPhoneの買取を断られるケースは?

それでは、どんな症状の場合、買取が断られるのでしょうか。
以下に買取が難しい二つのケースをご紹介いたします。

*ネットワーク利用制限がかかっている

ある条件によって、softbankやdocomo、auなどの通信キャリアがiPhoneの通話や通信を制限してしまいます。
買取後に通信制限がかかってしまい、次に使う方が「せっかく買ったのに、iPhoneが利用できない」という場合も考えられるでしょう。

そのため、ネットワーク利用制限のかかっているiPhoneの買取は、断られたり減額されたりする可能性が高いです。

*リセットができない

「リセット機能」についてご存じでしょうか。
リセット機能とは、iPhoneの状態を工場出荷前に戻す機能です。
このリセット機能が使えない場合、個人情報漏洩につながる危険性があります。
そのため、リセットができないiPhoneの買取は断られる可能性もあるので注意してください。

カウモバイルではデータ削除専用ソフト「Blancco」を導入しており、端末リセットでは消えないデータも確実に完全削除できるので、ご安心ください。

以上の二点のケースでは、買取が難しかったり減額されたりしてしまいます。
ご自身の持つiPhoneを確認していただき、どの症状に当てはまるか判断してみてください。

□まとめ

今回は、どのようなiPhoneが買取可能なのかご紹介しました。
もし、電源がつかないiPhoneをお持ちで処分にお困り方がいらっしゃいましたら、買取が可能なのか一度問い合わせてみると良いでしょう。
以下のURLに、中古iPhoneの買取価格を載せていますので、参考にしてみてください。

2020-07-02 AppleWatchの買取前に知っておきたい!初期化における豆知識とは? 残債ありのiPhoneは買取できるの?知っておきたい豆知識をご紹介!
新着情報ここまで

上に戻る

上に戻る