携帯の買取における危険性とは?自分でできる対策も紹介します!

「携帯買取は危険なのかな」 IT化によって豊かな生活になる一方、個人情報保護の重要性が叫ばれるようになりました。

そのため、携帯の買取をする際、そういった点も気になる方も多いでしょう。
そこで今回は携帯買取は危険なのか、買取における注意点を紹介します。

□携帯買取は危険?

少し前までの携帯には、アドレス帳やメールの送受信、写真などの個人情報しか入っていませんでした。
しかし、現在のスマホにはウォレットやiTunesなどさまざま機能が追加され、パスワードやIDなどを含めて多くの情報が入っています。
加えて、スマホの種類によっては簡単なリセットではデータが完全に削除されない可能性もあります。

端末を持っている自身の情報以外にも、家族や恋人、友人などの情報も漏れてしまうのは恐ろしいことですよね。
このように、スマホの個人情報漏洩が怖いからという理由で、使わなくなった端末を手元に置く方は多いようです。
しかし、いつまでも手元に置いておくのは避けたいですよね。

実は、セキュリティ面を強化して買取を行っている買取専門店もあります。
例えば、当社カウモバイルでは、データ削除専用ソフトBlanccoを導入しており、端末リセットで消えないデータを削除するサービスを提供しています。
個人情報の取り扱いを強化しているので安心です。

□携帯を売る際の注意点について

携帯を売る際の注意点を3つご紹介します。

*SIMカードを抜くこと

カードが格納されているSIMスロットの場所は側面にあるのが主流ですが、端末によって異なりますので、分からない場合は調べてから抜き取りましょう。
このカードはご自身がキャリアで契約された情報や個人情報が入っているハードウェアになります。
個人情報を流出させないためにも必ず行っておく必要があります。

*Googleアカウントからサインアウトすることです。

端末の本体のデータを削除する前に、Googleアカウントと売却予定の端末の紐づけを解除しましょう。
この手順を省いて初期化すれば、初期前のGoogleアカウントが以前の端末と紐づいた情報でロックされます。
従って、新たな持ち主が新規のアカウントで初期設定できなくなるため注意しましょう。

□まとめ

携帯には以前の携帯と比べて、各段に多くの個人情報が保存されています。
この記事で紹介した注意点に気をつけ、買取をするようにしましょう。
買取をお考えの方はぜひカウモバイルにご相談ください。

2022-11-18 iphoneのパスコードロックでお困りの方必見!買取前に解除する方法とは? ビジネス用スマホも買取に出せる?よくある心配にも回答します!
新着情報ここまで

上に戻る

上に戻る