iphoneは傷ありでも買取してもらえる?買取価格を上げるコツも解説します

傷ありのiPhoneの買取についてお悩みではありませんか。 傷があるからといって、iPhoneを買い取りできない訳ではありません。

また、高価買取のコツを知ることで、より高価買取が期待できるだけでなく、スムーズな買取になるでしょう。
そこで、今回は傷ありのiphoneの買取について解説します。
ぜひ、参考にしてください。

□iPhoneで減額対象となる事例について解説!

買取価格が減額となってしまう事例について解説します。

1つ目は、画面のひび割れや欠けが目立つことです。
iPhoneの画面は非常に割れやすいです。
特に、落としてしまった際にひび割れや欠けが生じやすいです。
買取に出す前には、保護フィルムを活用し、割れないように対策しましょう。

2つ目は、画面の表示に赤みや黄ばみ、色むらなどが目立っていることです。
画面の表示が赤みや黄ばみ、色むらがある場合、減額対象となります。
この状態が悪すぎると、買取不可となることも考えられるため注意しましょう。

3つ目は、画面に焼き付きが発生していることです。
画面の焼き付きは、画面の傷と同様の扱いとなるため、注意が必要です。

4つ目は、画面のバックライトが故障していることです。
バックライトの故障や劣化は、減額の対象となります。
バックライトは、使用頻度や経年劣化によって寿命が生じます。
画面が暗いと感じるのであれば、買取前に修理に出すのもおすすめです。

5つ目は、画面浮きです。
画面が浮いたり、沈んだりする場合は、不具合として扱われます。
画面の下部に症状として現れることが多いため、定期的に浮いていないか確認しておきましょう。

□iPhoneの買取価格を高くするコツについて解説!

iPhoneを高値で買取してもらうためには、いくつかのコツを把握しておく必要があります。
ここでは、そんな買取価格を高くするコツを紹介します。

・ほこりや傷などはできる限り取り除く
・付属品を全て揃える
・SIMロックを解除しておく
・分割払いは完済しておく

これらのコツを把握するだけで、買取価格が高くなる可能性があります。
ぜひ、参考にしてくださいね。

□まとめ

今回は、傷ありのiphoneの買取について解説しました。
また、買取価格を上げるコツについても解説しました。
傷ありのiphoneでも問題なく買い取りできますので、安心してくださいね。
是非、今回の記事を参考にスムーズな買取、かつ高価買取にしてみてはいかがでしょうか。

2022-08-07 iphoneを買取に出す際の注意点とは?事前準備でスムーズな買取にしましょう 画面割れのipadは買取可能?買取価格を上げるコツも解説します
新着情報ここまで

上に戻る

上に戻る