大阪梅田本店TEL:06-6360-9720
電話受付:前半11:30-14:00 後半15:00-19:30

iPadはローン中でも買取依頼できる?売却をお考えの方必見!

iPadを購入して間もないけれど、買取に出すことをご検討されている方も少なくないでしょう。 おそらくそこでお悩みになっているのは、ローン中のiPadの買取ですよね。

今回は、そういった方のために、iPad本体がローン中でも買取依頼可能かどうかと、残債の確認方法についてご紹介いたします。

□ローン中でも買取依頼可能なのか?

結論から申し上げますと、基本的には買取に出すのは難しいです。
iPadの「設定」「情報」で確認できるネットワーク利用制限が△となっている場合、まだ残債が残っているローン中の状態を表しております。
ネットワーク利用制限があまりよくない状態であれば、普段通り利用できますが、×になってしまうと通信が使えなくなるでしょう。
そのため、ローン中のiPadの場合、買取不可、または買取に出せても大幅減額であることが多いです。

□ローン中のiPadやiPhoneを買取に出す際に起きる問題点と残債の確認方法とは?

まず、問題点は、「赤ロム」という、残債支払いが滞ることによるネットワーク制限のかかったiPadやiPhoneになる可能性が高いことです。
そのため、購入者に被害が及ぶ可能性があることから、基本的に買取不可としている店舗が多いでしょう。

しかし、お店によっては、ローン中のiPadやiPhoneを取り扱い、赤ロム保証を設けて対処しています。
赤ロム保証とは、通信制限がかかった際に端末を返品または交換する保証です。
以上のことから、売り手と買い手両方にリスクがあります。

次に、残債の確認方法をご紹介します。
皆さんのiPhoneやiPadに、ネットワーク制限がかかっているかどうかは、キャリアサイトで確認できます。

判定の結果が良い状態であれば、完済しているため問題ありません。
しかし、あまりよくない状態の場合はローン中のiPhone、またはiPadということですから、買取価格が大幅に下がる、または買取不可でしょう。
ばつマークの場合も、赤ロム状態であるため、大幅減額、または買取不可です。
ローン中である金額次第では、残債を一括払いしてから買取に出すというのも一つの手段かもしれませんね。

□まとめ

今回はローン中のiPad、iPhoneを買取に出す際の問題点と、問題が起きているかの確認方法についてご紹介しました。
カウモバイルでは、赤ロム状態のiPhoneやiPadの減額率や買取価格をわかりやすく表にまとめています。
何か気になることがあればぜひご相談ください。

2021-09-14 macbookの買取依頼をお考えの方は要確認!シールは剥すべき? バッテリー劣化は買取に影響ある?iPadの買取をお考えの方必見です!
新着情報ここまで

上に戻る

上に戻る