大阪梅田本店TEL:06-6360-9720
電話受付:前半11:30-14:00 後半15:00-19:30

Apple Watchの買取を検討中の方は注目!注意点をご紹介!

「Apple Watchを買取に出したいけど、事前に何をすべきか分からない」という方も多いのではないでしょうか。 こちらの記事では、Apple Watchを買取に出す際の注意点についてご紹介します。

□Apple Watchは初期化が必要!初期化方法をご紹介!

まず、Suicaを利用している方は、Apple Watchの初期化を行う前にやるべきことがあります。
それは、「Apple Payに接続」し、残高を保持するようデータ移行をすることです。
SuicaのデータはApple WatchとiPhoneのどちらかのみでしか使用ができないため、Suicaの残高がゼロにならないよう設定する必要があります。

残高保持の設定が完了した後は、初期化を行いましょう。
初期化は、設定アプリから「一般」を選択し、「リセット」、そして「すべてのコンテンツと設定を消去」から行えます。

□Apple Watchを買取に出す際の注意点とは?

Apple Watchを買取に出す際の注意点は主に2つです。
1つ目は上記に挙げたSuicaのApple Watchに残った「データ削除」、2つ目は「ペアリングの削除」です。
それぞれ重要ですので、詳しく見ていきましょう。

*Apple WatchからSuicaのデータを削除

はじめに、ペアリングしているiPhoneから「Watch」のアプリを開き、「マイウォッチ」より、「WalletとApple Pay」を選択します。
次に、Suicaのカードをタップし、情報タブをスクロールして下にいくと「このカードを削除」という項目がありますので、こちらをタップします。

*ペアリングとキャリアプランの削除

iPhoneとのペアリングを解除、あるいはキャリアプランの削除を行い、初期化をする必要があります。
なぜならば、ペアリング、あるいはキャリアプランを削除せずに初期化を行ってしまうと、買取に出してもジャンク品と見なされてしまうためです。
データ削除は以下の3つの手順で行いましょう。

はじめに、ペアリングで連携しているiPhoneから「Watch」アプリを開き、「マイウォッチ」の上部にあるApple Watchの名前を選択、「情報」ボタンをタップします。
次に、「Apple Watchとのペアリングを解除」をタップします。
セルラーモデルと呼ばれる、3G・4G・LTEの電波を使ってデータ通信ができるモデルを利用している場合は「キャリアプランを削除」という項目があるので、そちらをタップしましょう。
最後に、Apple IDを入力し、解除が完了します。

なお、セルラーモデルの場合は、キャリアショップでApple Watchのモバイルデータ通信プランを解約していただく必要もあるため、忘れずに行いましょう。

□まとめ

今回の記事では、Apple Watchを買取に出す際の注意点をご紹介しました。
以下のURLでは、Apple Watchの買取価格を掲載しておりますので、ぜひ参考にしてください。

2021-05-12 壊れてるスマホも買取可能!その理由をご紹介します! ゲーム機の買取をお考えの方は注目です!注意点をご紹介!
新着情報ここまで

上に戻る

上に戻る