大阪梅田本店TEL:06-6360-9720
電話受付:前半11:30-14:00 後半15:00-19:30

iPadの買取を検討中の方へ!バッテリーの劣化は査定に影響があるのか解説!

「iPadを買取に出したいけど、バッテリーの劣化がひどい」という方も多いのではないでしょうか。 新品・未使用ではない場合、バッテリーの劣化が査定に影響があるのか気になりますよね。

こちらの記事では、バッテリーの劣化がどれほど査定に影響があるか解説します。
ぜひこの記事をお役立てください。

□iPadのバッテリーに劣化があると買取に影響がある?

はじめに、iPadのバッテリーの劣化が査定に影響があるかについて結論から述べると、大きく査定に影響します。
そのため、バッテリーの劣化具合は重要な査定項目と言えます。

通常、iPadをはじめとするデジタル端末は、バッテリーの劣化によって査定の金額が2~4割減額されることがあります。
一方で、1~2年しか使用しておらず、さほどバッテリーの劣化が進んでない場合は、大きな減額はないでしょう。
ただし、バッテリーの劣化が、査定額に大きな影響を与えていることは事実です。
日頃からバッテリーに負荷をかけないような使い方を心がけましょう。

□バッテリーは消耗品!買取依頼は要注意!

iPadを買取に出すタイミングや、買替のタイミングが気になる方は多いと思います。
以下ではiPadのバッテリーの寿命について見ていきましょう。

iPadのバッテリーは消耗品です。
バッテリーの耐久性や充電の速度は、リチウムイオン電池を採用することで、従来のiPadよりも優れています。

しかし、やはりバッテリーにも寿命があります。
劣化したバッテリーを使い続けると、充電の総容量が減っていくだけではなく、充電の消費速度も速くなります。
最終的には、バッテリーの給電電力が低下することで、常に充電をしていないと端末の急なシャットダウンを招く状態になるでしょう。

また、iPadのバッテリーの寿命は3~4年程度です。
それ以上の使用は不具合が起きる可能性が高く、いつ壊れてしまってもおかしくありません。
快適に使えるのは3年までのため、買取に出した時点で、使用期間が寿命に近いほど高価買取は難しくなるでしょう。
したがって、iPadを買取に出す際は、3年以内に売却するのがおすすめです。

□まとめ

今回の記事では、iPadのバッテリーの劣化が買取査定にどのような影響を与えるのかについてご紹介しました。
iPadを買取に出す前提の方は、バッテリーの劣化に気をつけて使用しましょう。
買取についてお悩みのことはお気軽にお問い合わせください。

カウモバイルではiPadの中古買取を強化しています。
この機会にぜひご検討ください。

2021-04-22 本体のみでもPS4の買取は可能!高価買取のコツも併せてご紹介します! ipadの買取をお考えの方へ付属品なしでも買取を出せるのか解説します!
新着情報ここまで

上に戻る

上に戻る