大阪梅田本店TEL:06-6360-9720
電話受付:前半11:30-14:00 後半15:00-19:30

スマホを買取に出す際にフィルムは貼ったままの方が良いの?買取専門店が解説!

スマホを買取に出そうとお考えの方にぜひ知っていただきたいのが、スマホに貼った保護フィルムの扱いです。 保護フィルムを剥がしてしまうと、買取の際に減額されてしまうのでしょうか。

この記事では、スマホを買取に出す際の保護フィルムの扱いと減額されやすくなるポイントをご紹介します。

□スマホを買取に出す際の保護フィルムの扱いとは

買取に出す際、スマホの保護フィルムの扱いについては大きく2つのパターンに分けられます。

まず1つ目は、新品または未使用品として買取に出す場合です。
この場合、購入時にスマホに貼られていた保護フィルムを剥がしてしまうと、新品扱いにならないことがあります。
つまり、フィルムを剥がしただけで査定額が大きく下がってしまう可能性があるのです。

新品または未使用品として買取に出そうとお考えの方は、保護フィルムを貼ったままの状態で出すようにしましょう。

2つ目は、中古として買取に出す場合です。
この場合、買取の専門家がフィルムを剥がして画面の傷を確認し、査定を行います。
つまり、フィルムが貼ってあろうがなかろうが最終的に剥がされてしまうため、フィルムの有無は査定に全く関係しません。

ただしフィルムがあると、ショップに持ち込む道中や郵送の際に傷がつきにくくなるため、貼ったままの状態にしておく方が無難でしょう。

□スマホを買取に出す際に減額されやすくなるポイントとは

ここでは、減額されやすくなるポイントを3つご紹介します。

1つ目は、カスタマイズです。
スマホを自分好みにカスタマイズしている方は少なくないでしょう。
しかし、カスタマイズで部品を非純正品に交換している場合には、大きく減額される可能性があります。
カスタマイズする際は、純正品を保管しておき、必ず復元できるようにしておきましょう。

2つ目は、本体の傷です。
本体に傷がついている場合、減額の原因となります。
本体に保護ケースをつけたり保護フィルムを貼ったりして、可能な限り傷をつけないようにしましょう。

3つ目は、水没による故障です。
もちろん防水性のないスマホを水に落とせば故障します。
しかし、水に落としていない場合でも故障することがあります。
水蒸気や濡れた手での使用が原因となって、故障する場合があるのです。
これらの故障は減額につながるため、十分に気をつけましょう。

□まとめ

今回は、スマホを買取に出す際の保護フィルムの扱いと減額されやすくなるポイントをご紹介しました。
これらのポイントを理解した上で、納得のいく値段で売却しましょう。
ご不明点がございましたら、お気軽にカウモバイルまでご相談ください。

2021-03-24 Apple Watch買取前の準備は?ペアリング解除の方法を解説します! 故障していると買取価格は下がる?ニンテンドースイッチの買取を検討中の方は必見!
新着情報ここまで

上に戻る

上に戻る