大阪梅田本店TEL:06-6360-9720
営業時間:前半11:30-14:00 後半15:00-19:30
中古スマホ・中古iphoneや画面割れ・ジャンク品の買取OK

iPhoneの買取を検討中の方へ!バッテリー状態でどう変わるか解説します!

「バッテリー状態が悪いiPhoneを買い取って欲しい」 「iPhoneを買い取ってもらう時の気をつけるべきことを知りたい」

このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
そこで今回はiPhoneのバッテリー状態でどう変わるか解説します。

□iPhoneのバッテリー状態で買取額が変わるかもしれない?

iPhoneをある程度の期間使い続けていると、買った当初と比較すると電池の減りが早くなったと感じたことがある方はいらっしゃいませんか。
この原因は、バッテリーが劣化していることにあります。
時間が経つにつれてiPhoneが劣化していくでしょう。
そもそもiPhoneのバッテリーの寿命は3年から4年と言われています。
そのため3年から4年以上使い続けていると、いつ不具合が起きてもおかしくないと言えるでしょう。

もしバッテリーの劣化したiPhoneを買取依頼した場合、買取業者にもよりますが、通常のバッテリーの携帯と比較して2割から4割程度減額すると言われています。
中には大きく変動しない買取業者もあります。
しかし、バッテリーが劣化していると減額の対象になり得ることは、覚えておきましょう。

iPhoneの場合、購入してから1年間は保証期間が用意されているので無料で交換できます。
保証期間内であれば、買取前にバッテリー修理をしておくと良いかもしれませんね。
保証期間外であれば、買取に出すことをおすすめします。
修理に出すと想定してよりも費用がかかってしまい、割に合わないことがあるためです。

□iPhone買取依頼時の注意点をご紹介!

スムーズに買取を進めるためには、注意点を理解しておくことが重要です。
それでは、いくつか確認していきましょう。
1つ目は、本人確認書類の用意です。
iPhoneを買い取ってもらう行為は、古物営業法に該当します。
古物営業法とは、中古品の売買に関して適用される法律です。
よく盗品が持ち込まれてトラブルへと発展することがあるため、買取を希望する際は、必ず免許証や保険証などの本人確認書類が求められるでしょう。

2つ目は、とりあえず査定に出すことです。
バッテリーが劣化したiPhoneだけでなく、画面が割れたり、電源が入らなかったり、水濡れで操作ができなくなったりしたiPhoneでも、修理や分解して再利用が可能です。
故障していても買い取ってもらえることは、珍しくありません。
しかし、状態によっては、買い取ってくれないこともあります。
そのため、とりあえず査定に出してみることをおすすめします。

□まとめ

今回はiPhoneのバッテリー状態でどう変わるか解説しました。
保証期間内であればぜひバッテリーの交換をしましょう。
保証期間外であれば、買取がおすすめです。

2021-01-09 ゲーム機の買取をお考えの方へ!スイッチが高く売れる理由とは? ゲーム機梱を売りたい方へ!包次第で買取減額の可能性も?
新着情報ここまで

上に戻る

上に戻る