大阪梅田本店TEL:06-6360-9720

iphone・ipad・スマホなら赤ロム・ジャンク品(画面割れ・水没・不動・IDロック)も高価買取!! 他店対抗もOK!!
会社や法人での買取も大歓迎!超スピーディー宅配買取!14時までに到着すれば、当日振込可能です。
安心のデータ削除、カウモバイルではデータ削除専用ソフトBlanccoを導入しております。 端末リセットでは消えないデータも 確実に完全削除いたします!! iphoneやipad、スマホや携帯(ガラケー)なら、お支払中の端末も買取可能です。お支払いが滞ってしまった赤ロムも高価買取です!(一部買取不可のモデルもあります)

【お知らせ】
---------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------
カウモバイル京橋駅前店(京橋駅・都島区・城東区)

≫24時間受付中フォームで査定はこちら≪

iphoneやipadなら、ジャンク品でも買取いたします! 液晶割れ・赤ロム・割賦中・支払い中・不動品でも買取可能。

アイパッド最強買取!iPad・iPad mini・iPad Air・iPad Proを高価買取いたします。

スマホの「買取」と「下取り」の違いは?それぞれのメリットを解説

スマホの「買取」と「下取り」の違いをご存知でしょうか。意外と知らない方も多くいるようです。 「買取」と「下取り」の言葉の違いだけでなく、せっかくなら、それぞれのメリットやデメリットについても知っておきたい方もいるかと思います

スマホの「買取」「下取り」の違いをご存知でしょうか。意外と知らない方も多くいるようです。

「買取」「下取り」の言葉の違いだけでなく、せっかくなら、それぞれのメリットやデメリットについても知っておきたい方もいるかと思いますので、今回はその両方についてお伝えします。

「買取」「下取り」の違い
「買取」「下取り」の大きな違いは、新しい商品を買おうとしているかどうかになります。
「買取」の場合には、単に既存の商品を適正価格で買い取り、その代わりとして買取金をもらいます。

一方で、「下取り」は新しい商品の購入金額から一定額を値引きするために既存の商品を引き取ってもらうことをいいます。

一般的に「下取り」においては商品を引き取ってもらう条件として、既存のものが一定以上の下取り基準をクリアしている必要があります。基準をクリアしていないと下取り価格が低くなってしまったり、場合によっては下取り適応外ということになってしまいます。

◇スマホの「下取り」
一方で、スマホの下取りに限定して言うと、最近では大手キャリア会社による顧客流出防止戦略のため、スマホ買い替え時に前のスマホを下取りするキャンペーンが強化して行われています。そのため、下取りに関する基準はおろか下取りの金額もかなり高値で行われるようになっています。

一定水準以上の性能を保っていれば下取りの対象となり、古い機種でもかなりの高値で引き取ってもらえるケースも多くあります。
そして、キャリア会社の「下取り」のメリットは、同じ種類の端末であれば、全て同じ金額で引き取ってもらえることです。

下取りの基準を満たしてさえいれば綺麗にスマホを使ってきた人も、少し雑に扱ってキズを付けてしまった人にも同じだけ下取りの金額が提示されます。下取りの際にわざわざ査定を行われない点で、ユーザーにとっては大きなメリットとなるでしょう。

「買取」のメリット・デメリット
中古買取業者による「買取」では、引き取りの際に商品の査定が行われます。
画面が割れていないかの確認からキズはどの程度ついているか、汚れはないかなど隅から隅までチェックが行われます。

なぜなら、中古買取業者はキャリア会社と違って買い取ったスマホを中古品として再び販売することを目的としているからです。

キャリア会社では、引き取ったスマホはそのまま販売することはなく中に使われている部品の回収を行います。
中古買取の場合には、キズや汚れが少なく新品に近い状態で販売できる商品であれば高く買い取られる一方、中古品としてキズが多く販売に向いていない場合だとかなり金額が安くなってしまうのがデメリットとなるでしょう。

◇まとめ
「買取」「下取り」の違いは、主に新しい商品との買い替えを考えているかという点になります。
「買取」を目的としている場合には、少しでも査定額を高くするためにそのものの扱いに十分注意しておくことが大切と言えるでしょう。

2018-02-07 高値で売りたい!iPhoneの買い取りで気を付けること iPhoneの買取価格はキャリアによって異なる?買取価格の違いを解説!
新着情報ここまで