大阪梅田本店TEL:06-6360-9720
中古スマホ・ジャンク品の買取OK

iPhone買取の前に必ず行うべき!バックアップの手順

古いiPhoneを買取に出そうとお考えの方々のなかには、 「買取の前にやっておくべきことは何かな?」 「バックアップについてよくわからない」 とお考えの方もいらっしゃるかと思います。

読者のみなさんこんにちは、カウモバイルです。
古いiPhoneを買取に出そうとお考えの方々のなかには、
「買取の前にやっておくべきことは何かな?」
「バックアップについてよくわからない」
とお考えの方もいらっしゃるかと思います。
そこで今回の記事では、買取前に行うべきバックアップ方法についてご紹介いたします。

◆古いiPhoneをバックアップしましょう
iPhoneを長い間使うと、必ず写真や、連絡先、メッセージ、アプリデータなどの大切なデータは保存されています。それらの重要なデータを新しいiPhone 7/7 Plus/6sに引き継ぎできるように、まずは中古iPhoneのデータをバックアップする必要はあります。iPhoneデータのバックアップは、以下三つの方法はあります。

1) iCloudでバックアップ:iPhoneで「設定」 > 「iCloud」 > 「バックアップ」 > 「今すぐバックアップを作成」をタップ > iPhoneデータがバックアップされます。iCloudでiPhoneをバックアップするには、Wi-Fi環境が必要です。

2) iTunesでバックアップ:パソコンでiTunesを起動 > iPhoneをパソコンに接続 > iTunesの左上にiPhoneのアイコンをクリック > バックアップ領域で、右側の「今すぐバックアップ」をクリック > iPhoneがバックアップされます。

3) 転送ソフトのAnyTransでバックアップ:iCloudとiTunes以外に、iPhone向けの転送ソフトAnyTransも古いiPhoneをバックアップすることもできます。iCloudとiTunesのバックアップデータだけでなく、AnyTransは非購入の音楽、ムービーなどのファイルも一緒にバックアップできます。さらに、全てのデータではなく、必要なデータだけを選択してバックアップすることもできます。

4) AnyTransでバックアップする方法:AnyTransを起動 > 古いiPhoneをコンピュータ(Mac&PC)に接続 > AnyTransのホーム画面で、バックアップしたいファイルの種類に入る > バックアップしたいファイル&データを選択 > 右上のパソコンのアイコンをクリックして、データはパソコンにバックアップされます。

いかがでしたか?
今回の記事では、古いiPhoneを買取に出す前の、バックアップの概要と方法についてご紹介いたしました。
長らく使ったiPhoneを買取に出す前に、ご自身の大事なデータをバックアップしておくことは大変重要でしょう。こちらの記事を参考に、写真や、連絡先、メッセージ、アプリデータなどの大切なデータを次のiPhoneに問題なく移行させてください。

また、バックアップを取り買取の準備ができたiPhoneは、ぜひカウモバイルにお売りください!スピーディー宅配買取で、14時までに到着すれば当日振り込みも可能です。
ぜひ一度、カウモバイルにお問合せくださいね!

2017-11-07 一般的な買取店で必要とされる、買取前の確認、準備! ゲーム機を楽に自宅から売る方法
新着情報ここまで

上に戻る

上に戻る