大阪梅田本店TEL:06-6360-9720
営業時間:前半11:30-14:00 後半15:00-19:30
中古スマホ・中古iphoneや画面割れ・ジャンク品の買取OK

iPhoneのパスコードを忘れてしまった時の対処法

皆さんがお持ちのiPhoneは、これさえあれば何もいらないというほどの高性能な携帯電話です。個人情報はもちろん、何でもできるため、重要なデータを保存している方も多いでしょう。

セキュリティをしっかりするために、わかりにくいパスコードを設定している方や、パスワードによるセキュリティを強化するために定期的に変更している方、複数のアカウントや電子機器を使用している方は、パスワードの数も膨大になっているはずです。
そのため、時にはパスコードを思い出せないということもあるのではないでしょうか。
すぐに思い出すことができればよいのですが、どうしてもわからなくなってしまった時のために、対処法をご紹介します。

―パスコードとは―

iPhoneに設定しているパスワードのことです。
設定にもよりますが、6桁の数字、6桁以上の数字、英数字の文字列のいずれかになっているはずです。
このパスコードは、iPhoneの設定の中のパスコードで設定することができます。
ただし、6桁の数字以外を設定するには、パスコードオプションをタップしてください。

―パスコードを間違え続けるとどうなるのか―

パスコードを間違え続けた場合、結論から言うとロックがかかり、iPhoneが使用できなくなります。
複数回の入力を行って解除ができない場合は、数分間使用することが不可能になり、間違うごとにその使用不可能な時間が延長されていきます。
あらかじめ設定しておいた場合は、強制的に初期化されます。

―忘れてしまったときの対処方法―

1. 必死に思い出す
まず、最初に実行してもらう対処法です。ご自身の記憶をたどるだけでなく、どこかにメモを残していないかを確認してください。
すぐに思い出せない場合にはむやみにパスコードを入力せずに、メモを探すなどして、確実に入力できるようにすることが大切です。
これより後の対処法は、iPhone初期化の必要があるため、そのままではデータを残すことができません。

2. PCにつないで復元して初期化する
iTunesと同期させたことがあるのであれば、この方法を使うことができます。
まず初めに、iTunesの自動同期をオフにしましょう。
「編集」から「設定」、画面上の方にある「デバイス」と選択していくと、デバイスの設定画面になります。「自動的に同期しない」という項目に、チェックを入れておきます。
パソコンとiPhoneをLightningケーブルで接続してiTunesを起動します。

もし、ここでパスコードの入力画面になってしまう場合には、4のリカバリーモードを試してみましょう。

iTunesが起動すると、通常はiPhoneが表示されて同期とバックアップが開始されますが、今回は手動で必要なバックアップ項目を選択し、完成するまで待ちます。
完成したら、「iPhoneを復元」を選択することによって初期化されます。

3. 「iPhoneを探す」機能を活用して初期化する
iPhoneの「iPhoneを探す」機能がONに設定されている場合には、こちらの方法が利用できます。
パスコードを忘れてしまったiPhone以外の機器を使ってiCloudのサイトにアクセスし、apple IDでログインします。
そのブラウザの上の部分「すべてのデバイス」を選択し、初期化したいiPhoneをクリックします。
iPhoneの消去を選択すると、初期化することができます。

注意点として、iPhoneの充電が切れている等、ネットワークにつながっていない場合にはこの方法は使用できません。

4. リカバリーモードを使用して初期化する
上記2と3の方法で初期化が実行できない場合には、リカバリーモードを使用します。
一度パソコンとiPhoneを接続した状態で、iTunesを起動します。
ケーブルからiPhoneを取り外し、スリープボタンを長押しして、完全に電源を切ってください。
次に、ホームボタンを長押ししながらケーブルを接続して、そのままスリープボタンを長押しして電源を入れます。
iPhoneが起動してもホームボタンから指を離さずに、アップルのロゴマークが表示されるまで待ちましょう。
ロゴマークが表示されたら、ホームボタンを離しても大丈夫です。
パソコンの画面にメッセージが表示されます。復元をクリックすると初期化が開始されます。
もしスムーズにいかない場合は、ロゴマークが表示されてもホームボタンから指を離さずに、パソコンに画面が表示されるまで待ちましょう。

5. わざと10回間違えて初期化する
設定しておかないとできませんが、ご自身で一番手軽にできる初期化方法です。
事前にデータ消去をONにするようにしておくことで、10回間違えた時点で初期化することができます。
設定、パスコードロック、データを消去の順に進んで、設定することができます。

6. アップルストアに持ち込む
アップルストアに持っていき、事情を説明して、初期化してもらうことができるため、複雑な手順など必要なく、誰にでも実行できる方法です。

―iPhoneを初期化したら復元しましょう―

対処法の1以外の方法はすべてiPhoneを初期化するため、保存されていたデータは消えてしまいます。
バックアップをとっていればデータを復元することができるため、その方法をご紹介します。

■ iTunesを使用する場合
バックアップをとってあるiTunesを起動して、iPhoneをケーブルで接続します
iPhoneの画面に「このコンピューターを信頼しますか」と表示されるので「信頼する」を選んでください。
iTunesにiPhoneが表示されるようになるため、iPhone「バックアップ」を選択して、バックアップ復元をクリックすると、今までのデータが日付ごとに一覧で表示されます。
復元したいデータをクリックし、復元をクリックするとiPhoneの復元が開始されるため、そのまま待ちましょう。

■ iCloudを使用する場合
iPhoneの初期設定で復元することができます。
初期設定を進めていくと、「APPとデータ」という画面にバックアップからの復元が表示されますのでタップしてください。
Apple IDとパスワードを入力してiCloudにサインインし、バックアップ一覧から復元したいものを選択してください。
復元をする前に、再度IDとパスワードを入力すると復元処理が開始されます。

―パスワード忘れの予防策、初期化する前に準備しておくこと―

忘れないことが一番ですが、人間の記憶には限界があります。
初期化を防ぐためにも、しっかり予防しましょう。

■ 別の媒体に保存しておく
iPhone以外の媒体にパスワードを保存しておくと、万が一のときに、すぐに調べることができます。
パソコンやデジタル機器、あるいはメモでも構いません。
パスワードを記入して別に保管しておくことで、パスコード認証失敗の初期化を防ぐことができます。

■ パスワード管理アプリを活用する
パスワードを一括管理してくれるアプリがあります。
パスワードを覚えておくのは一つだけでよくなるため、わからなくなってしまうことを防ぐことが可能です。
あらかじめ設定しておくことが必要ですが、事前準備をしておくことで、リスクを少なくすることができます。

■ 休日にパソコンと接続してバックアップをとっておく
初期化することになってしまった場合、当然ながらすべてのデータは消えてしまうため、バックアップを定期的にとることをおすすめします。
バックアップをとる前に消えてしまったデータを復元することはできません。後悔しないように、一週間に一回はバックアップをとるようにしましょう。
例えば、曜日を決める、休日にバックアップをとるなどルール化してしまえば、バックアップを忘れることもありません。

―まとめ―

セキュリティ対策のために、パスワードは日々強化されています。
大切なデータを守るために複雑なパスワードを設定するのは良いことですが、わからなくなってしまっては意味がありません。
アプリなどを使ってパスワードの管理を行い、忘れないようにしておきましょう。
もし、パスワードを忘れて初期化した場合でも、クラウド・パソコンなどを活用してバックアップをしっかりとっておくことによって、データを復元することができます。万が一に備えておきましょう。
自分は大丈夫と過信せずに、事前の準備をしておくことが大切です。
今回ご紹介した予防策をしっかり行っておくことをおすすめします。

2017-04-18 iPhoneがiTunesに同期できないときの対処法 iPhoneのホームボタンが効かないときの対処法
新着情報ここまで

上に戻る

上に戻る