大阪梅田本店TEL:06-6360-9720
営業時間:前半11:30-14:00 後半15:00-19:30
中古スマホ・中古iphoneや画面割れ・ジャンク品の買取OK

iPhoneを水没させてしまった際の対処法

iPhoneを使いこなせている方も、初めて使う方も、気をつけなければならないものがあります。それは何かというと、私達が生きていくうえで絶対に必要不可欠な「水」です。 ついうっかり落として水没させてしまった、ということは単に珍しくはありません。そのため、「水没」を日常に起こりうる出来事としてとらえていくことが重要になります。

思わずパニックになり、間違った対処をして後悔してしまう前に、まずは落ち着いてきちんと対処できるよう意識しておくことが大切です。

―水没させたときの対処法―

(1) まずは冷静に、水から取り出す。
水から取り出した後、水没したiPhoneの表面についた水分を、優しく拭き取ります。

(2) 電源が入っているかどうかを確認する。
もし、電源が入ったままの状態である場合は、すぐにオフにしましょう。
SNSなどをされていて、とても気になったり不安になるかもしれません。しかし、「1度電源をオフにしたらまた電源が入るかな」ともう1度オンにすることは絶対にNGです。ショートする可能性があります。

(3) カバーやイヤホンジャックを外す。
本体内部に水分が残っている可能性があるため、細かい部分も優しく念入りに水分を拭き取りましょう。狭い部分には、ティッシュをこよりにして水分をとるようにすると効果的です。

(4) SIMカードを取り出す。
万が一、カードが濡れていても乱暴にふきとったりせずに、振って水分を飛ばした後にティッシュを軽く押し付けて、こすらず吸い取ります。
iPhone購入に付いてくるSIMピン、または細いクリップなどで傷つけないように気を付けて取り出します。小さいカードのため、紛失しないよう注意が必要です。

―間違った対処法―

水没したときに、慌てず冷静に対処するために、間違った対処法をお伝えします。これらを日頃から頭に入れておくと良いでしょう。

(1) 乾かす行為
例えば、「ドライヤーで乾かす」または「レンジで乾かす」など、特に「ドライヤー」という行為は腐食を促します。水に濡れたiPhoneの金属部分がサビなどの腐食物によって、中のパーツを傷付けてしまうのです。

(2) iPhoneを振らない
iPhoneを振ると、水がさらに内部まで侵入してしまい、より深刻な事態になります。

(3) 充電しない
乾いたからといって、自己判断により充電してしまうと、中の基盤が濡れていた場合には熱で腐食を促してしまうことに繋がります。

(4) 放置しない
きちんと対処をすれば、復活することもあります。しかし、個人でできることは限られます。修理店か公式ショップですぐに見てもらうことも、方法の1つです。水没したiPhoneは、液体の性質(ジュース・真水・海水等)や、水没してから業者やショップに持っていくまでの時間により復旧率が変わります。

―水没させる可能性が高い場所や状況―

・トイレ
・洗面所、シンク
・雨に濡れる
・お風呂
・バックの中
・服のポケットに入れたままで洗濯
・子供やペットが誤って口に入れる

「雨に濡れる」というのは、例えば歩きスマホをしていて注意力が散漫になり、水たまりや側溝に落としてしまうという事例があります。落とさなくても、ポケットやカバンに入れていて雨がかかってしまうケースも多く見受けられます。歩きスマホで水没が起こるというのはiPhoneが普及した現代ならではの原因と言えるでしょう。

「お風呂」というのは、湯船に落とさなくても湯気が内部に入り込み、基盤にダメージを与えます。

「バックの中」というのは、飲み物をiPhoneと一緒に入れている場合に起こる事例です。特に糖分の多い甘い飲み物は、基盤の腐食の進行が早く、コネクタが錆びてしまうと復旧率が下がるため、注意が必要です。

「子供やペットが誤って口に入れる」というのは、口に入れたときにヨダレで水没してしまうケースです。特に、ペットがオモチャと間違えてiPhoneを噛んでしまい、画面が割れるということもあります。ペットのいる家ではiPhoneを放置しないように気をつけておくべきです。

―まとめ―

濡れた場合の対処法に加えて、水没の原因になりやすい場所や事例を紹介してきました。
基本的には、iPhoneは濡らさないのが一番です。防滴ポーチや防水ケース、防塵、耐衝撃仕様に変えるケースなどを使ってiPhoneをガードすれば、水没は防げます。そして根本的には、水のある場所で使わなければ水没はないと考えられます。
水没させてしまうと、データが消えてしまうなど、さまざまな苦労も伴います。日頃からなるべく早い段階でバックアップを取ることをおすすめします。いざというときにも慌てずに済むため、時間のある時にバックアップを取っておくと良いでしょう。
水のある場所で使うことがやむを得ない場合は仕方ないかもしれませんが、なるべく意識して使用することが大切です。
水没は、iPhoneの故障の中でも防げる場合が大半です。しかし、それでも防ぎきれずに水没させてしまった場合は、ぜひカウモバイルでの買取をご検討ください。

2017-04-18 iPhoneの画面割れを防ぐためには?おすすめ防止法6つ iPhoneフリーズやアプリの動作が遅い・・・トラブル対処法はこれだ!
新着情報ここまで

上に戻る

上に戻る