大阪梅田本店TEL:06-6360-9720
営業時間:前半11:30-14:00 後半15:00-19:30
中古スマホ・中古iphoneや画面割れ・ジャンク品の買取OK

iPhone6の高価買取ならカウモバイルにお任せください!

iPhone6とはアップル社が開発した第8世代のモデルで2014年9月19日に11ヵ国で先行発売された製品です。日本ではキャリア3社で扱っているほかにアップルストアでもSIMフリーモデルを販売しています。またiPhone6Plusというモデルもあり、同時に販売しています。

画面は従来のモデルを踏襲しているので大きくタップしやすいサイズになっています。
通常モデルは4.7インチ、大画面モデルのiPhone6Plusは5.5インチのディスプレイを搭載しています。さらに広視野角でコントラストも高く、より鮮明な色を出せる“Retina HD display” というものを使っています。厚さは通常が6.9mmになります。

iPhone5よりさらに角が丸いフォルムとなっていて、内蔵ストレージは従来から存在している16GBや64GB,さらに新しく追加された128GBです。以前存在していた32GBは廃止となって今では3モデル体制となっています。
現在でもiPhone6は新品及び中古両方において需要があり広く出回っている機種になります。

―買取してもらう前の準備―

買取には最低でもiPhone6シリーズ本体+購入時の付属品+購入時についてくる箱と身分を証明できるものが不可欠です。本体は買い取ってもらう前に汚れなどを落として綺麗にしましょう。身分を証明できるものは運転免許証などが必要となります。(法律によって定められているため。)上記の準備する品に関してはiPhoneだけではなく全てにおいて言えることなので覚えておきましょう。
また、法人の場合は上記以外にも必要な書類等があります。

―買取をしてもらう際のコツ―

買取をしてもらう時には注意するべき点がいくつかあり、それをご紹介します。

一つ目は購入時の付属品は全て揃えておくことです。
1つ以上欠けてしまうと買い取ってもらえなかったり、査定価格が激減してしまいます。
例えば電源アダプタが欠けていたとします。査定価格が全体で1万円になるはずが1万7千円まで下がります。つまりここで3千円の差が生まれます。(機種のスペックや扱っているキャリアにもよります。)
また場合によっては一つ欠けただけでも買い取ってくれなくなることもありますので付属品や購入時についてくる箱は投げずに揃えましょう。

二つ目は本体を綺麗にすることです。
普通は長く使用していることがほとんどなので自然と汚れや埃が溜まってしまいます。汚れを落とさないままで査定に出してしまうと査定価格が下がってしまい、かつ査定する側に手間をかけさせてしまうことになるので本体の汚れや埃は自分で落としましょう。
特にコネクト部分やイヤホンジャックの隙間には綿埃が溜まりやすく指では取れない場所なので尖った細いもので傷を付けずに取り除きましょう。
特に高く売りたい場合は念入りに確認することが重要です。

三つ目は本体に記録されているデータを初期化して購入時の状態に戻すことです。
買取側でも本体のデータを確認して初期化はしてくれますが、自分で初期化することで高く買い取ってくれる場合があります。

最後のコツとして宅配サービスというのがあります。このサービスがあるだけで近くの店舗だけではなく全国各地の店舗も選ぶことができます。限定して店舗を選ぶよりも様々な店舗を選択できた方がお得に売れる可能性が増えます。
なるべく宅配サービスが利用できる業者を選ぶようにしましょう。カウモバイルも他店舗と対抗しているのでお問い合わせを頂けるとご期待にそえることもできます。

―業者を選ぶ際に注意しておくこと―

買取をしてもらう時には買取店の選択が重要になります。各店舗では査定価格が変わりますので慎重に選びましょう。
さらに、「高額買取」と書かれている店には特に注意しなければなりません。基本的にその表記をしている買取店は新品での値段が表記されていることが多く、査定してもらってから気付きます。
他にも「高額買取」と書かれていながらも、安く買い取ろうとするお店もあります。あらかじめ買取店の情報を得ることができればよりいい業者を選ぶことができるでしょう。

携帯メーカーや販売店でも機種変更や新機種購入時に下取りや買取をしてくれる場合があります。特にiPhone6シリーズは今も根強く需要がある機種ですので高額買取も期待できます。
しかし、携帯メーカーや販売店ですとその時の買取相場よりも販売側に力を入れているできちんとした買取相場で引き取る可能性は低くなってしまい、買い取り価格があまり期待はできません。
例えば相場が平均2万円だったとしましょう。上記のように販売に力を入れているお店ですと半分より上下に変動してしまう可能性があります。つまりそこまで期待出来るいい査定をしてもらえないというのが普通なのです。
そういった場所よりもカウモバイルみたいな専門店を選択することをオススメ致します。専門店ですと買取相場相応の金額で買い取ってくれるので、大きく減額した査定を避けることができます。

最近は買取専門店のサポートも多くなってきており、様々なメリットを得ることできるので専門店へ売られる方が多くなってきています。専門店であればスタッフが手順などを丁寧に説明してくれるので手間も心配する必要がなくなります。

買取価格は時期などによって相場が変わるので売る際は非常にタイミングが必要になります。そのため、相場はチェックしてから売れば利益としても得ることができます。
最後に新機種が出たての時は前の機種の相場が大幅変動します。その際に多くの買取希望者が現れて買取相場が下がる前に買取をしてもらう方がいます。そういった様々な事態を考えて売るようにしましょう。

―まとめ―

今ではiPhoneだけに限らずスマホ全般の普及率が72.2%と非常に高く、1人に1台以上は持っている計算になっています。しかし、これだけの普及率ですから結構買い替えたり機種変更した際にデータ漏れの心配など出てくかとは思います。そんな時はカウモバイルみたいな携帯買取専門店が非常に役に立ちます。特にiPhone6シリーズは人気機種で状態やオプションによっては高額な査定が出る確率もあります。

カウモバイルはモバイル買取専門店なのでスマホに限らず使用していないアップル製品やフューチャーフォンがございましたらお売りすることができます。画面割れやIDロック品などのジャンク品(水没・不動を含む)の買取も行っています。また分割支払い中のスマホなどワケあり商品の高価買取もしております。買取らせていただいた品は大切に保管します。心配になりやすいデータ漏れは”Blanco”というデータ削除用のソフトを使用しています。この”Blanco”というソフトは端末リセットでは消えないデータも確実に消すことができるものなので心配はありません。

ネットでも買取のご依頼もできます。
他にもお電話査定やフォーム査定、宅配買取や出張買取も行っております。お電話査定は昼11時~夜Ⅹ時まで、フォーム査定は24時間受け付けております。宅配買取サービスは14時までに到着した場合のみ当日に振り込むことができます。ステップがございますので当サイトで確認した上で申し込んでください。
出張買取サービスではその場で現金お支払することができます。買取に関して分からないことがございましたらお問い合わせの対応もさせて頂いておりますので、ぜひ気軽にご相談ください。

2017-04-18 白ロムとは?買取に出す前の準備とコツ iPhoneがiTunesに同期できないときの対処法
新着情報ここまで

上に戻る

上に戻る