大阪梅田本店TEL:06-6360-9720

iphone・ipad・スマホなら赤ロム・ジャンク品(画面割れ・水没・不動・IDロック)も高価買取!! 他店対抗もOK!!
会社や法人での買取も大歓迎!超スピーディー宅配買取!14時までに到着すれば、当日振込可能です。
安心のデータ削除、カウモバイルではデータ削除専用ソフトBlanccoを導入しております。 端末リセットでは消えないデータも 確実に完全削除いたします!! iphoneやipad、スマホや携帯(ガラケー)なら、お支払中の端末も買取可能です。お支払いが滞ってしまった赤ロムも高価買取です!(一部買取不可のモデルもあります)

カウモバイル京橋駅前店(京橋駅・都島区・城東区)

≫24時間受付中フォームで査定はこちら≪

iphoneやipadなら、ジャンク品でも買取いたします! 液晶割れ・赤ロム・割賦中・支払い中・不動品でも買取可能。

アイパッド最強買取!iPad・iPad mini・iPad Air・iPad Proを高価買取いたします。

iPhone7とiPhone7plusとの違いは?

iPhoneの10世代目モデルとして登場したiPhone7。 容量のラインアップが32GB、128GB、256GBに変わってから初めての機種です。

iPhoneの10世代目モデルとして登場したiPhone7。
容量のラインアップが32GB、128GB、256GBに変わってから初めての機種です。
イヤホンジャックが無くなったことや、その高画質なカメラ機能などの様々な特徴で話題になった機種でもあります。
また、最近では新色のレッド(RED)が登場したことでも話題になりました。
そして、そのiPhone7と同時に登場したiPhone7plus。
この2つの機種の違いは、画面の大きさだけなんて思っていませんか?
実は、重要な違いがたくさんあるのです。
今回は、そのiPhone7とiPhone7plusの違いについてご紹介します。

1、 画面の大きさ

これはもう、皆さんがよくご存知の違いだと思います。
実際に細かい数字での違いは、iPhone7が4.7インチでiPhone7plusが5.5インチです。たった0.8インチ違うだけかと思うかもしれませんが、これは手に持った時や画面を見た時に明らかな違いとして感じられると思います。iPhone7は簡単に片手で持つことができますが、iPhone7plusは両手で持つと丁度良いと感じられるようです。

2、 カメラ機能

これは、あまり知られていない違いなのではないでしょうか?
どちらの機種もf/1.8という明るいレンズを搭載しており、光学手ブレ補正機能があります。
しかし、iPhone7plusにはなんと望遠レンズも搭載されているのです。
Appleはこれをデュアルカメラシステムと呼んでおり、望遠撮影やポートレイト撮影が可能になります。
広角レンズと望遠レンズの2つのレンズがあるだけで、その表現力は2倍以上になります。
普段からカメラやビデオをよく使う方にとっては、カメラ機能のこれほどの大きな違いはかなり魅力的なのではないでしょうか?

3、 バッテリー性能

実はバッテリー性能も大きく違うのです。どちらの機種も、前機種のiPhone6・iPhone6plusより長いバッテリー駆動時間になっているのですが、iPhone7plusはiPhone7よりさらに1時間長いバッテリー駆動時間になっています。
公式の数字としては、4GLTEでバッテリーが持つ時間がiPhone7で最大12時間、iPhone7plusで最大13時間と言われています。
はっきり言って、iPhone7plusを使用している筆者の感想としては、かなり長持ちするイメージです。iPhone6を使っていた頃はモバイルバッテリーが必須でしたが、もはやモバイルバッテリーが必要だとは感じない程です。これは主観的な感想なので、あくまで参考程度にしてくださいね。

4、 メモリ

これはほとんど知られていない違いだと思います。
実は、メモリがiPhone7は2GBなのに対して、iPhone7plusは3GBあります。実はこの1GBの違いは、地味なようで大きな差があります。
様々な状況での処理速度が変わってくるようです。
また、iOSがアップデートされるほど、メモリがより大容量必要とされます。2GBのメモリだと、今後iOSがアップデートされていくと使用感が重くなってくる可能性がありますが、3GBのメモリならばしばらくその心配は無さそうです。

いかがでしたか?
以上が、iPhone7とiPhone7plusの違いです。
あまり知らなかったような違いも多くあり、iPhone7plusを魅力的に感じてきたのではないでしょうか?
しかし、機能が良くなれば、当然のこととして価格も高くなります。
そのため、しっかりと自分の中で比較をして、どちらの機種を購入するか判断するようにしてくださいね。

2017-09-08 MacBookが人気の理由 Phone7の買取価格ってどれくらい?高く売るコツは?
新着情報ここまで